宮崎晃吉

宮崎晃吉の考える東京の魅力

東京の魅力は起伏に富んだ地形が生む多様なエリアではないでしょうか。東京には台地と低地が入り組む地形が多く存在しています。この地形が影響して、地域性が生まれ、現在の街の特性を形作っています。

私自身が「谷中」という地名に谷という文字のついた場所に拠点をもっていることからも、生活の中でちょっと移動するだけでも坂を登ったり降りたりします。その度に街の空気感の変化などを感じ取ることができます。山状になっている地域にはかつての大名屋敷跡を利用した大学などがあり洗練された空気を感じますし、谷状になっている地域にはもっと生活感の強い街が広がっています。

他の地域でも渋谷、代官山や、四谷、千駄ヶ谷などの地名に地形の痕跡が現れてきます。たとえ何の計画も立てずに東京を歩いてみたとしても、かならずこの山と谷の連続を経験するはずです。これらを意識しながら東京の街を散歩してみると、東京の街の多様さを感じることができると思います。

EXCITING

宮崎晃吉みやざきみつよし

建築家。東京谷中の「最小文化複合施設」HAGISO、宿泊施設hanare代表。
1982年群馬県生まれ。2008年東京藝術大学大学院修了。設計事務所勤務を経て2013年より設計事務所HAGI STUDIOを立ち上げ建築設計や自主経営の施設を手がける。

戻る