熊谷正寿

熊谷正寿が考える東京の魅力

生活して感じる東京の魅力としては、「食の豊かさ」を上げたいです。

生活には衣・食・住すべてが必要ですが、その中でも「食」は生きてくために必要不可欠であり、楽しみでもあります。その「食」に関して東京は他の都市と比べると、選択肢も多いですよね。ミシュラン評価星の数では世界一の都市とも言われていますし、安くて美味しいB級グルメも沢山あります。その食の豊かさの層の厚さが魅力だと思います。私は蕎麦好きなので、世界各地でも蕎麦を食べているのですが、やはり蕎麦は日本でなければ駄目ですね。これはなぜなのでしょうね。

「ビジネスを展開する都市」として考えた場合、東京の魅力はその規模感にあります。例えばお客様の数でいうと、東京近郊も含む「東京圏」だと3,500万人前後いるという統計があります。これは、ニューヨーク、パリ、ロンドン等のビジネス都市と比べて倍以上、比較都市によっては3倍近い規模感の差がある。ビジネス上で必要になる「人」や「お金」という観点で同様です。そういう意味でも世界で最もポテンシャルを秘めた都市であることは間違いないのではないかと思いますね。

MEETINGを見る

EXELLENT

熊谷正寿くまがいまさとし

1995年インターネット事業をスタート。99年店頭公開、05年東証一部上場。「すべての人にインターネット」を掲げ、上場企業9社を含むグループ87社、4500名のスタッフと共に、インターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、インターネット証券事業、モバイルエンターテイメント事業を展開。主な受賞歴に、00年日経ベンチャー「99年ベンチャーオブザイヤー」(新規公開部門2位)、04年企業家ネットワーク「第六回企業家賞・ネットインフラ構築賞」、05年米国ニューズウィーク社「Super CEOs(世界の革新的な経営者10人)」、13年「第38回 経済界大賞 優秀経営者賞」、15年財界「経済者賞」等がある。著書に「一冊の手帳で夢は必ずかなう(かんき出版)」、「20代ではじめる「夢設計図」(大和書房)」など。

MEETINGを見る
戻る