アンバサダー三國清三からのメッセージ

海外の人はほとんどやっぱり「東京」というと秋葉原だとか、ビルディングとか、そういうイメージが強いと思うんですが、実は、だいたい1万件以上の農家さんがいて、ほとんどの日本中で作られている野菜は東京で作られているんです。

僕は東京で東京の食材を使った地産地消というものを5年前から始めて、「江戸東京野菜」って言うんですけど、 江戸時代からずっと続いてるお野菜が今40品目。地元のものですから香も良いし、味もみずみずしいし、美味しいんですよね。
豊かな土壌で、安全安心なのが江戸東京野菜だった、ということを発見したんですね。

お野菜、お魚、職人さん そういう文化だとか慣わしがいっぱい。
たぶん、日本全国の中で東京がいちばん残っていると思います。

そういうところが本当にたくさんあるので、本当に新しい東京の魅力というものを発見できると思いますので、ぜひ、そちらの方も体験をして頂きたいなと願っております。

オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三

戻る