森川亮

森川亮が考える東京の魅力

東京は、世界中のあらゆる大都市の中でも、安心感、安定感が秀でていると思います。電車は時間どおりに来ますし、停電もない。

仕事というものは、約束したことは守るのが当然という前提で成り立っているから、急な予定の変更は少ないということからも、仕事をするにあたっての安心感が非常に強い都市といえます。

もっとも、きっちりしすぎているため、外国から来られた方がこうした安定感に慣れていない分、外側からビジネスの面で参入しづらい面もあるでしょうね。

事実、日本の企業と仕事をすると、最初はなかなか進まないという声も聞きます。しかし、いざ本格的にビジネスがスタートすると、裏切られることがなく、長い付き合いになるケースが多い。

日本の企業の多くは、目先の利益よりも、働く人たちの環境こそを重視することで、その先にあるもっと息の長い結果を生み出している証拠ではないでしょうか。

2020年の五輪に向けて、東京にはこれまで以上に多くの方が海外からやってきます。彼らを取り込んで東京を活性化していくなら、東京のこうした魅力を、これまで以上にもっともっと情報発信していく必要があると思いますね。

MEETINGを見る

COMFORT

森川亮もりかわあきら

1989年筑波大学卒、日本テレビ放送網株式会社入社。1999年、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程を修了しMBA取得。その後ソニー株式会社に入社。2003年、ハンゲームジャパン株式会社に入社、取締役を経て、2006年10月、取締役副社長に就任。2007年10月、NHN Japan株式会社(ハンゲームジャパンより商号変更)代表取締役社長に就任。同年11月、ネイバージャパン株式会社設立に伴い、ネイバージャパン代表取締役社長を兼務。2013年4月、NHN Japan株式会社の商号変更により、LINE株式会社代表取締役社長に就任。2015年3月、同社代表取締役社長を退任。同年4月、C Channel株式会社代表取締役に就任。

戻る