①高島屋新宿店 世界の多様な文化を取り入れた、四季や歳時記を感じるライフスタイルの提案。

海外のお客様を迎えるにあたり、「Unique」な取組として、高島屋新宿店では、「歳時記」を伝える取組を大切にしています。正月、花見、母の日、父の日、中元、七夕、ハロウィン、歳暮、クリスマスなど、日本古来の年中行事や、海外から入ってきた習慣にもフォーカスして、その季節やイベントを通じた、様々なライフスタイルを提案しています。流行やお客様のニーズをとらえた商品・サービスを通じて、日本の伝統に革新の要素を加えて発信しています。

増え続けている外国人旅行者のお客様にも、日本人のお客様と同じく、ストレスなく滞在を楽しんで欲しい。そんな思いから、2014年9月に、百貨店としては初めて「祈祷室」を設け、営業時間中はどなたでも使用できるようにし、多様な宗教・文化に対しても細やかなホスピタリティを意識しています。

中元・歳暮は、日本で古くから続けられてきた、日頃お世話になっている人に物を贈る風習。感謝の気持ちを形に表すために、高島屋では様々な商品を用意しています。「Delight」な価値として、この、人と人の心をつなぐ日本の文化を、外国人旅行者のお客様にも伝えていくために、包装紙や熨斗紙にも贈り主の大切な思いをこめて包んでいます。

戻る